top of page
  • 執筆者の写真こもれび

有鈎骨骨折


アメリカ大リーグエンジェルスのトラウト選手が骨折したところです。

トラウトファンなので、「どーーーした、トラウト!!」

と思ったら手のひらの骨の骨折でした。

オーマイガー!


手のひらには8個の手根骨があります。

舟状骨、月状骨、三角骨、豆状骨、大菱形骨、小菱形骨、有頭骨、有鈎骨。漢字を見ていただくと大体どんな形の骨か想像していただけると思います。

この8個が2列に並んでいます。

有鈎骨鈎と呼ばれる突起がありそこが折れちゃうんですって。

野球、ゴルフ、テニスなどスイングしたときに力がかかり疲労骨折しちゃうんだとか。

グリップエンド側に発症します。

治療は、保存療法か手術。

トラウトは8月中に復帰か。って言われてるんですけど保存療法なんかなあ。

手術しなくていいんかなあ。

一般の人でも転んで手をついた拍子に骨折ってこともあるそうですよ。

折れた骨が神経に当たって痛いときもあるそうな。

用心用心。

Comentários


bottom of page