top of page
  • 執筆者の写真こもれび

骨を鍛えて明るい老後


骨密度検査しました。といわれるお客様。

健康診断で年齢によって骨密度検査がある、それかな?

いやいや、病院でしっかりはかってもらったそうです。

それも一人二人ではない。

何?骨密度ブーム??


で、骨について調べました。

骨7年 関節117年 筋肉48日 で、変わるそうです。

身体に首はいくつあるでしょう?

頭を支えている首、両手首、両足首、乳首・・・。

他に足にも首があります。大腿骨頸部。

足の絵の丸い所、骨頭です。その下の少し細くなっているところ、ここが大腿骨頸部です。

高齢者はここが折れて寝たきりになったりするケースが多いそうです。

骨粗しょう症で骨が弱くなっていると折れやすい。


骨は骨を作る骨芽細胞と壊す破骨細胞があります。

力が加わると骨を作れという指令が、加わらないと作らなくていいという指令が。

骨は昼壊されて夜作られるので、睡眠が大事。

高齢になると破骨細胞の量が増えます。なので、骨が弱くなります。

骨が折れてもくっつくのは、悪いところは破骨細胞が壊し、骨芽細胞で新しく作られるから。

肋骨で3週間、鎖骨4週間、腕6週間、大腿骨8週間、大腿骨頸部は12週間(人によります)


お客様方と「寝たきりになりたくないよね。運動しなきゃね。」

「かかと落とし運動がいいらしいね。」

という話になりました。

一番簡単そうだし。

かかとを上げてすとんと落とす。最初は柔らかく(腰を痛めることがあるので)

慣れてきたら少し強めに。

1日50~60回くらい。

大腿骨頸部に効くそうなのでぜひやりたいですね。

「頑張ろうね!」と、お客様と。

次回施術時はやったかどうかの報告会です。。。(*^_^*)


Commentaires


bottom of page